もう二度と、代官山の蔦屋書店には行かない

休日の朝、いつもより早く目が覚めた。
何も予定はないし、やるべきこともない。幸せな1日のはじまりだ。

こんな日は少しだけ、おしゃれな事をして過ごしたい気分になる。

代官山蔦屋のスタバでコーヒーを買って、雑誌や音楽を漁りながらゆっくりと過ごす。もしかしたら、新しい「好き」を見つけられるかもしれない。

そんな典型的な、おしゃれの代名詞ともいえる活動がしたい。

もはやおしゃれとは言えないかもしれないが、結局王道が一番なのだ。

 

 

窓を開けると太陽が輝いていて、昨日までの寒波が嘘のように快適な気候だった。

「これならバイクで行けそうだな。」

そう思った瞬間、心がさらに躍動する実感がした。

 

僕は最近かわいいバイクを買った。

TOMOS トモス クリーム

オランダ産のバイク、TOMOS(トモス)だ。自転車としても使えるこのバイクは、モーター + ペダルから由来してモペットと呼ばれている。

こんな見た目でも50km/hの速度が出るれっきとした原付バイクだ。

 

かわいいバイクで東京の街並みを走り、代官山蔦屋で穏やかなひと時を過ごす。

おしゃれにおしゃれを重ねられそうな気配に、僕の気分は明らかに高まっていた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ちょうどいい気温かと思ったが、いざバイクに乗ると寒かった。

「バイクに乗って走ると、風邪のせいで実際より寒い」

こんな事はあるあるを超えて当たり前の話なのに、朝の自分は愚かだった。

 

少しダメージを受けた状態で代官山蔦屋に着いた。駐輪場に止めようと思ったら、バイクには自転車と別の場所が設けられているようだった。

 

バイク用駐輪場に着いた僕は、愕然とした。

 

料金:15分 100円

 

もちろん有料なのは覚悟していたが、さすがに高すぎる。ありえない。

…ああそうか!利用者はもっと安くなるやつか。レシートを集めるやつだな。デパートとかそのシステムのとこ多いもんな。

深く息を吸って、落ち着いてから看板を確認した。

 

割引サービス

2000円以上使用 1時間無料

5000円以上使用 2時間無料

 

は?何もサービスになってないのだが?

dポイントクラブクーポンのバーミヤン本格焼餃子(6個) ¥239(税別)→ ¥199(税別)くらい意味ないだろ。

ガストの山盛りポテトフライ¥299円(税別)→¥149円(税別)くらいしなきゃサービスとは言えない。

 

疑っているあなたのために、蔦屋書店の公式サイトをご覧いただきたい。

代官山蔦屋 駐輪場

頭の中で、小さな夢が砕け散る音が聞こえた。

セコ過ぎる僕の思考回路

僕が代官山蔦屋でやりたかったのは

「コーヒーの香りが漂う空間で新しいカルチャーに触れながら、流れていく時間を楽しむこと」だ。

ポイントは、この活動に対して必要な費用は「コーヒー代」だけであることだ。

これこそが、蔦屋書店が人気な理由である。

コーヒーを飲みながら、売っている本を読むことが出来るのだ。

代官山蔦屋 内観

代官山T-site 公式サイトより

本気で一冊読むのも良いが、何冊も何種類もの本をかいつまんで読み、買って帰りたい本を見つける。そんな活動に魅かれて多くの人が集う。

しかし、ここに15分100円の駐輪代金が重くのしかかる。

あたかも、その空間で過ごす時間が15分100円であるかのような感覚になってしまう。

滞在時間が有料になった瞬間、興が削がれてしまう事は共感して頂けるだろうか?

 

感覚はレンタル彼女への嫌悪感が近いだろうか。

彼女との食事、デートに費用がかかるのは当たり前だが、そもそもデートすること自体にお金がかかる事は許し難い、みたいな。

 

ともかく、おしゃれなカフェに入場料があるなんて、僕の金銭感覚ではまだ許せない話だ。

ちなみに自身の金銭感覚に関しては壊れている自覚がある。

ラジオで話しているので、ぜひ聞いてみて欲しい。

 

どうやらまだ、代官山で過ごすには僕の格は追いついてないようだ。

僕はかねてより、銀座で部屋着みたいな格好でコンビニで買い物している人が「本物」説を唱えている。銀座の近くに住んでいる証明に他ならないからだ。

だから代官山蔦屋にバイクで行く、その移動手段すらも愛おしく思っていた。

 

でも、もう二度と代官山蔦屋には行かない。バイクでは。

本物になれなくたっていい。

僕はこれから、代官山蔦屋には、電車で行く。

カルボン酸太郎でした

タイトルとURLをコピーしました