小堺一機と東急グループの意外な共通点と、そこから学ぶ人生の理念

      2017/11/15

突然ですが皆さんは、小堺一機さんのこと、知ってますよね?

「何が出るかな?」の掛け声から始まるサイコロトークでおなじみの番組
「ライオンのごきげんよう」のMCの方です。

東急グループも知ってますよね?

一番有名なのは東急電鉄ですかね?東急田園都市線、東横線、大井町線などなど。関東にお住みの方は使ったこと多いですよね。

本記事はその小堺一機さん東急グループ意外な共通点と、そこから学ぶ人生の理念についての記事です。またしても趣味とは関係ないですが、興味深い内容だと思いますのでご一読願います。

その意外な共通点とは・・・

それは、一言で言い表せます。

 

ズバリ

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

「自分で種を蒔いて、自分で収穫する。」

これです。これなんです。マジでこれなんです。
今やこれは僕の人生の理念になっております。

・・・え?どういうことかさっぱりわからない?

今から順を追って説明しますね!

東急グループの場合

東急2

まずはwikipediaからの引用です。

東急グループ(とうきゅうグループ)は、東京急行電鉄株式会社を中核とする企業グループである。コーポレートスローガンは「美しい時代へ―東急グループ」。従前は「人間の豊かさを求める - ヒューマナイザー東急グループ」「21世紀へ 豊かさを深める―とうきゅうグループ」が使用されていた。

「東急グループ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。<URL>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%80%A5%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

 

とまあこんな感じです。

鉄道会社以外にも、不動産、建設、デパート、サービス事業の会社があります。すごいですね。

僕は数年前まで、東急田園都市線沿線に住んでいました。渋谷まで20分程度で一本で行けますので、とても便利でした。

もちろん周りは住宅街で、治安も良く、小・中学校の規模は大きかったです。

しかも小中学校の友達は優秀でした。難関大と呼ばれる大学に進学している数が、公立とは思えない程多いのです。しかし、昔はその辺は何もない田舎だったそうです。

では、なぜここまで栄えたのか?

そう、それがまさに東急グループの力なのです。

東急グループがしたこと

東急グループは何もない田舎であるが、都心に近いエリアに着目し、まず鉄道を敷きました。

そう、この鉄道がまさになのです。

そして、土地を開発し、大型マンションを建てます。売りはもちろん「都心に一本で行ける駅が近くにある。」ですね。多くの人が食いつきます。

こうして開発を続け、デパートを立てたり、サービス業を発展させていったりして、東急グループは無事にたわわに実った果実(多大な利益)を収穫したのであります。

これが、東急グループの、「自分で種を蒔いて、自分で収穫する。」の事例です。

小堺一機さんの場合

小堺1

では小堺さんの場合はどうなのでしょう?

まずは、小堺さんの詳細です。

小堺 一機(こさかい かずき、1956年1月3日 - )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、俳優である。

千葉県市川市出身。浅井企画所属。

1984年(昭和59年)10月にフジテレビのテレビ番組『ライオンのいただきます』(の司会に抜擢、その後、後継番組として1991年(平成3年)1月より現在も続く『ライオンのごきげんよう』が開始、以来お昼の顔となっている。

「小堺一機」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。<URL>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%A0%BA%E4%B8%80%E6%A9%9F

小堺さんの事例は、やはり「ごきげんよう」の番組内での出来事です。

松井珠理奈との絡み

松井珠理奈1

それはゲストにSKE48の松井珠理奈を迎えた、とある日のごきげんようでした。

その日、松井珠理奈はサイコロでなんと当たり目を出しました。当たり目を出すと、ライオンから洗剤や歯ブラシとかの詰め合わせがもらえます。

そして、松井珠理奈が詰め合わせを膝の上に抱えたままトークを始めようとすると...

 

小堺さん「そんな大事そうに持っておかなくても、誰も取らないよお〜」

松井珠理奈「そうですね(笑)」

 

と、机の上に詰め合わせを置き、話始めて数秒後のことでした。

 

机の上の詰め合わせをがむしゃらに取りに行く小堺さん。

 

それを見て慌てながらも笑っている松井珠理奈。

 

大爆笑の会場のお客さん。

 

その光景を見て開いた口がふさがらないテレビの前の僕。

 

(な、なんだ今のやりとり・・・化け物かよ・・・これが、平日の昼に何年も何年も素人レベルの芸能人のエピソードトークを面白おかしくまとめ仕切ってきた男の実力なのか・・・とんでもねえな!!)

 

・・・どうですかみなさん

 

「誰も取らないよ」=自分で種蒔き

「がむしゃらに奪いにいって爆笑」=自分で収穫

 

こんなキーパーがシュート止めてそこから自分でドリブルして全員抜いて点決める。みたいな笑いの取り方、アリですか?

 

誰も傷つけないし、誰も不満がない。

何もしなかったらただ流れていくだけのシーンだけど、能力がある人間がそこにいたら違う。一笑いが起こる。

フラットな場に+αの笑いが生み出せます。

そんなん、どう考えたってあった方がいいに決まってますよね?

 

・・・尊敬に値します。

明石家さんまさんといい、名MCっていうのはみんなこの能力がある気がしませんか?

最後に

小堺一機さん東急グループ共通点とは

 

「自分で種蒔いて自分で収穫する。」

 

でした。

 

僕はこれを人生の理念にして生きていきたいと思っております。

笑いに関しても、こんな人材になりたいと思ってますし

仕事に関しても、起業したいとかじゃなく、独立した仕事というか、一人で稼いでくるみたいな役割を持ちたいと思っています。

てことでおわりです!
カルボン酸太郎でした!

しかしごきげんよう終わっちゃうの、悲しいですね・・・

関連コンテンツ

 - 考えたこと, 自分のこと