投資初心者必見!一番最初に投資すべきはコレだ!!

      2017/11/15

本記事は、投資を始めたい...けど何をしたら良いんだろう?何を買ったらいいんだろう?
という状態のあなたに贈る記事です。

そもそも、何で投資?とか、なんかおっさんくさいわ〜とか、投資なんてギャンブルでしょ?借金するわ。
といったネガティブなイメージを持っている方は、こちらの記事をお読みください。

投資を趣味にしよう!

それでは、なんかfacebookとかでよく見かける様なうさんくさいタイトルになってしましましたが、安心してください。きちんとしています。
では、早速参りましょう。

一番最初に投資すべきモノ

一口に投資と言っても色々ありますよね。
国債、社債、株、投資信託...
全財産を預金しておくのは勿体無いってのはわかるんだけど、じゃあどう運用すればいいのよ...

トヨタ自動車とか?なんか日本を代表する大企業だし...
色々あったけど、だからこそ東芝...?

などとお考えでしょう、どちらも違います。
一番最初に投資すべきモノ、それは

 

「自分の頭」です。

 

なんだよ!結局facebookで流れてくる記事くらい中身ねえじゃねえか!
タイトルだけ誇張するくせに肝心の中身はスカスカなんだよなあ。
マジで最近のポテトチップスくらい中身ねえな!

ポテチ

ご丁寧にも例えツッコミまでして非難の声が聞こえてきます。(例えがちょっと微妙なのは黙っておいてあげましょう。)

でも皆さん、いまいち投資に踏み出せないのは、ひとえに知識がないからではありませんか?
お金を増やしたいから、投資をしたい。でも失う恐れがあるから、踏み出せない。

それは正しいです。誰だってお金を減らしたくて投資なんて始めません。
けれど、始めたら必ず儲かるってほど甘くはないと思います。

知識がない状態で始める投資なんて、ただのギャンブルです。
ちゃんとした「投資」をしたいなら、一生懸命勉強する必要があるでしょう。

という意味で、投資初心者の最初の投資対象は、「自分の頭」です。

では、どのようにして自分の頭に投資をすれば良いのでしょうか?
紹介していきます。

日経新聞を読む

まずは日経新聞を読むことです。

僕も毎日は読めていませんが、通学の電車の中で読んでます。

一冊160円で買えます。外でジュースを買うのをやめて水筒を持ち歩くようにすれば予算は確保できるでしょう。
駅のコンビニでドヤ顔で日経新聞を買い、電車の中で周りの人がスマホをいじっているのを尻目にドヤ顔で新聞を読む。
あとは首をかしげて右上の方を見て何かを考えているふりをしたり、人差し指を動かして何か計算しているふりをしたり、小さい声で「なるほど...」とか言ってればOKです。

そうして企業のニュースをみたり、最近の世界の出来事に目を通す癖をつけると、今まで知らなかった社会の情勢がだんだんわかってきます。
こうした世界経済、社会情勢に対する知識や理解を深めていくことは投資をしていく上で重要です。円高や株安といった現象は、どう言った出来事によってどういう理屈で生じるのか?がわかります。

例えば先日の「イギリスのEU離脱」に関してなら、どうして離脱したのか?そして今後世界経済にどういう影響を及ぼすのか?といったことがわかりやすく書かれています。そして発展して「イギリスのEU離脱」によりなぜ円高になるのか?そもそも円が安全通貨と呼ばれるのはなぜか?といった内容のコラムもあり、非常に勉強になります。

160円とは思えない内容量で最後までたっぷり味わえます。そう、トッポのように。

 

関連書籍を読む

本は偉大です。本の著者は、自分が様々な体験をし、努力をして生きてきた中で、ためになったことを本にしますよね?
だから。本を読むことは「ある人の人生をの美味しいところをかじる」みたいなものです。

さしずめミスタードーナッツのチョコファッションのチョコのところだけを食べるようなことでしょう。(例えの調子悪くてすみません...)

しかしすべての本が素晴らしいわけではなく、大したことない内容やあまりためにならない本も存在し、投資関連の本は特にハズレも多いです。
なので色々な方が紹介しているのを見て、良さそうだと思ったものを買って色々読みました。その中でも特によかったと思う本を紹介します。

が、ここでは長くなってしまうので他の記事にまとめてあります。(近日公開♡)。

最後に

いかがでしたでしょうか?
うさんくさいと思ったけど、なんだかんだ為になったわ〜と思って頂けたら幸いです。

僕もまだまだ勉強中です。まだ自分の頭に投資している段階です。
皆さんも一緒に頑張って投資マスターになりましょう!

それでは
カルボン酸太郎でした。

関連コンテンツ

 - 投資